素敵な雰囲気を演出!理想の空間づくりに使えるアンティーク家具の情報まとめ

当サイトは素敵な雰囲気を演出するのに役立つ、理想の空間づくりに使えるアンティーク家具の情報をまとめてご紹介しています。
これから骨董家具をインテリアに取り入れたいという人にもおすすめです。
アンティークの家具を選択するときに確認すべき項目にも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。
またアンティークの家具を配置する際のポイントも解説しています。
お洒落に配置して魅力を引き出すために役立つ可能性があります。

素敵な雰囲気を演出!理想の空間づくりに使えるアンティーク家具の情報まとめ

お洒落なアンティーク家具を取り入れて、室内の雰囲気をより印象深いものにしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。
アンティーク家具は、古い時代に作られたものならではのデザインが魅力で、現代家具とは異なるインテリアに仕上がるのが魅力です。
その反面、作られてから長い年月が経過しているためダメージを受けていることもあるのが特徴でもあります。
そのため適切なリペアやメンテナンスをしているものを手に入れるのがおすすめです。

アンティーク家具のなかで特にニーズが高い椅子とは

家具というと、多くの方が新製品を手に入れるとお考えでしょう。
ところが最近では、完成から何十年も歳月が過ぎているアンティーク家具が若い世代の間で人気となっています。
趣があって重厚感もある点が支持をされている点です。
ここでは簡単に、アンティーク家具のなかで特にニーズが高い椅子について解説をしていきます。
その椅子とは、ウッド材を用いているダイニングチェアです。
日本では明治時代に人気となり、イギリスから輸入をされていました。
脚の部分に傾斜を持たせており、背中に力を入れると前後に動くのが特徴です。
アンティーク家具の代表格とも評されており、中古でも非常に高値で取り引きをされています。
国内では洋風建築の住まいも一般的になっていることから、ニーズが生まれたともいえるでしょう。
ウッド材なので長い時間が経過しても劣化をすることもなく、むしろ使えば使うほど味わい深い色を醸し出すアンティーク家具になっているものです。

アンティーク家具の椅子をうまく活用する方法

アンティーク家具はレトロモダンというジャンルがファッションでもインテリアでも注目されている中、人気が上昇している傾向がみられます。
しかしアンティークという事は100年以上経過しているということになりますので、ヘビーな使い方をしてしまいますと、壊れてしまうという可能性も有ります。
椅子はただ置いてあるだけでもインテリアとしての役割を果たしますが、例えば玄関などに置くという活用法でもセンスを感じさせることが出来ると言えます。
様々な使い方が出来ますし、置く場所次第でその価値も変わってきますし見え方も違ってきます。
アンティーク家具を上手く配置する事で、部屋全体の見た目の印象も違いますので是非工夫をしてみてください。
アンティーク家具は価格帯も幅広いですし、ピンからキリまでという部分があります。
品質が高かったり、保管状況が良かったり、あとは制作した人が有名な人であると価値は高くなりますので高額な価格になります。

アンティーク家具はセットで購入するのがお得

アンティーク家具に憧れている方、購入を検討している方は要チェックです。
一般的にアンティークと言われるためには100年程度経過していないと難しいです。
そのうえで保管状況も良くないと、使うことはできませんしただの飾りになってしまうということも想定されます。
アンティーク家具のレトロ感を感じつつ使うことが出来るものを探しているという事でしたら、テーブルとイスであればセットで購入する事をお勧めします。
バラバラで購入するよりも安くなることが想定されますし、そのメリットは大きいです。
またその時にテーブルだけであったり、椅子だけを購入してしまいますとやっぱりもう片方も欲しいと思った時には売り切れていることもあるので要注意です。
その時に購入しないと、もう出会うことが出来ないかもしれないと思うと、セットで購入する方が多いのも納得です。
もちろん使い道によってはテーブルだけ、椅子だけで良いことも有りますので検討してみましょう。

アンティーク家具を多く扱っている店の探し方

アンティーク家具を探す方法としては、インターネットでの検索が便利です。
パソコンやスマートフォンなどで検索すれば、インテリアショップに関するたくさんの情報が見つかります。
気になったインテリアショップが見つかったら足を運んでみるとよいでしょう。
インテリアショップが身近にない場合は、オンラインショップで購入するのも手です。
ただし、インターネット通販の場合は実物を確認してから購入することができません。
万一のトラブルの際に困らないように、返品に対応しているかどうかを確認しておきましょう。
また、アンティーク家具を探す際にはインテリアに関心がある人に聞いてみるのもおすすめの探し方です。
もしかしたらよいお店の情報を教えてくれるかもしれません。
身近にインテリアに詳しい知り合いがいない時は、SNSで質問してみるとよいでしょう。
色々な探し方がありますので、自分に合った方法を選んでお気に入りのアンティーク家具を見つけてください。

アンティーク家具を搬入するときの注意点

アンティーク家具は購入して手に入ると嬉しいものですが、搬入の際には冷静になって注意する必要があるのではないでしょうか。
搬入経路の確保は一番に確認すべきポイントで、入り口だけでなく設置場所までの経路をしっかりとチェックする必要があります。
入り口が狭い場合は、アンティーク家具を傾けることで通れる可能性がありますが、ギリギリだと接触して傷をつけてしまうので注意です。
経路は直線的であれば後は幅や高さの問題ですし、狭まっているところがなければまず大丈夫です。
問題が発生しやすいのは経路に階段や折り返しがあるところで、確認を要するチェックポイントが大幅に増えます。
大きめのアンティーク家具は本当にギリギリという場合が多く、養生が難しいこともあるので注意が必要です。
アンティーク家具を傾けるときは傾けても問題がないか、引き出しなどが飛び出さないか要チェックです。
最悪、手間とコストは掛かりますが吊り上げの選択肢もあるので、買ったものの室内に入らないという心配に関しては無用なのではないでしょうか。

アンティーク家具とデザイン家具の相乗効果

インテリアにおいて、家具選びはとても重要な役割があります。
部屋に入った時の第一印象にも関係していきますし、選び方次第でセンスも感じられるようになるでしょう。
内装や外装などテーマに合わせて選んでいくことも大事なポイントです。
ちなみにアンティーク家具は価格も高く設定されていることが多いですし、時代によってはかなり手に入りづらいということも有ります。
その点デザイン家具であれば、今の時代に作られたものであったりすれば手に入れにくいという事はありませんし、場合によってはアンティーク家具との相乗効果でよりお洒落に演出することが出来る場合も有ります。
その選び方こそセンスも要することになりますが、選ぶ時には似ているデザインであるかどうかというのも、ポイントとなってくる事でしょう。
相乗効果を狙うのであれば、同じようなジャンルに属しているかを見極めることも必要です。
アンティーク家具にもジャンルがありますので重要です。

アンティーク家具の老朽化を防ぐ手入れ

まず環境条件から守ることです。

直接日光が当たらないようにしてください。
強い日差しにさらされると、仕上げが乾燥し木材の老化が早まります。
アンティーク家具を別の場所に移動できない場合は、カーテンやブラインドで日光を遮ったり、分散させたりすることができます。
またアンティーク家具は暖房器具や換気口、暖炉の近くには置かないようにしてください。
飲み物をこぼした場合は、柔らかい布ですぐに拭き取ります。
軽度の場合は、拭き取った部分を完全に乾かしてから、蜜蝋ベースのポリッシュを塗ります。
ひどい汚れの場合は、適切な材料と方法で木材を処理できる修復のプロに相談します。
こぼれたり汚れたりした場合は、すぐに手入れする必要があることを念頭に置いてください。
木製のアンティークの仕上げをきれいにするには、ぬるま湯とマイルドな液体食器洗い洗剤を使用すると安全です。
吸水性の良い布で汚れを拭き取り、余分な水分を拭き取ります。
オレンジ系のクリーナーは天然で毒性がないので、使用するのに適しています。
家具の外観と仕上げを向上させるには、ワックスベースのポリッシュを表面に塗布します。
蜜蝋は安全で自然な製品なので、この目的に使用することができます。

ワックスを薄く塗り、布で優しく磨くだけで高い光沢が得られます。

部屋の寸法をもとにアンティーク家具のサイズを決定

自分の部屋をコーディネートするときに一番重要なのが家具です。

家具はその部屋を印象付ける大きなアイテムになるからです。
いろいろな家具がある中で自分の好みに合うものを探すのはとても大変ですが、一つのポイントとして寸法から選ぶという方法があります。
特にアンティーク家具は、ネットや広告で見ただけではサイズ感がわからないことが多いです。
それはあまり見慣れていないから。

そのため、しっかりと自分の部屋とスペースを知り、それにあった寸法のアンティーク家具を選択することが重要です。
通常机にしても家具にしても、自分がイメージするサイズや基準となるものがあるでしょう。
しかしアンティーク家具に至っては、それが当てはまらないことも少なくありません。
また縦、横幅など実際に目にしてみると自分の部屋には合わないかもしれないと思うこともあります。
そのようなイメージとのギャップで混乱しないためには、やはりアンティーク家具のサイズをしっかり見て決めることが重要です。

アンティーク家具が傷ついた場合の適切な処置

アンティーク家具の木製の部分に傷がついてしまうと、そこから内部に湿気が侵入して木材を腐らせたり傷を広げてしまう原因となります。
そのため、ほんの少しでも傷を見つけたら、早めに処置をするのがおすすめです。
最も簡単な方法は木工用のパテで傷を埋めて、乾燥してからサンドペーパーで磨いて表面を滑らかにします。
ここでパテと木の色の差がない場合は透明なニスを塗って乾燥させて自然な艶を出せば完了です。
色に差が出て目立ってしまう場合はアンティーク家具の元々の素材の色と似ているウッドリフォームペイントと呼ばれている特殊なペンキを塗り、さらに塗った個所の外周をサンドペーパーで磨いて色の差をぼかしてからニスを塗って仕上げます。
この例のような軽微な傷であれば個人でも十分処置が可能ですが、深かったり広範囲となれば手に負えない場合もあります。
そんな時はアンティーク家具の専門店に相談し、プロの職人に修理を依頼するのがおすすめです。

著者:丹野勝英

筆者プロフィール

福島県会津若松市出身。
アンティーク家具マニアで、英国風の喫茶店を開業させるのが夢です。
アンティークの椅子を通販で買うならここ!